昴不動産TOP > 有限会社昴不動産のブログ記事一覧 > いくらで売れますか?~不動産の価格査定

いくらで売れますか?~不動産の価格査定

≪ 前へ|この不動産売れますか?~物件調査のポイント   記事一覧   不動産の売却相談のコツ|次へ ≫

いくらで売れますか?~不動産の価格査定

カテゴリ:不動産を売りたい
不動産の売却のご相談の中で、お客様の重要な関心事の一つは、
「この不動産がいくらで売れるだろうか?」ということでです。
我々、不動産業者には、売却を依頼されたら、
媒介価額(不動産の売出価格)に関する意見の根拠を明示する義務があります。

価格査定の方法には、次の4つの代表的な手法があります。

① 取引事例比較法
 実際の成約事例(売れた事例)を収集して、立地条件の違いや、個別の特性などを比較して価格を査定します。

→あの物件がいくらで売れたので。この物件なら・・・

② 開発法
 広い土地などを、開発業者が開発する場合を想定して土地の価格を査定する方法です。販売価格総額ー(開発費用)=土地の価格

分譲地を作って販売し、業者の商売として成り立つ価格

③ 原価法
 土地と建物を分けて価格を求めます。土地は①の取引事例比較法で、建物は、新築を想定した再調達原価に、経年に応じた減価修正を行って求めます。
 戸建住宅の価格を求める場合に使用します。

築○年のこの物件は、土地○○○万円、建物○○○万円の価格です。

④ 収益還元法
 対象不動産を賃貸運用して得られる収益から価格を求める手法で、直接還元法とDCF法というのがあります。弊社の取り扱い地域では、大型の収益物件は数が少ないので直接還元法が主になります。

年間純収益÷還元利回り(妥当な投資利回り)=還元価格

どの言葉も専門用語で難しいので、なるべくわかりやすい言葉に置き換えてみましたので、少々乱暴な言い換えについてはご容赦下さい。

 弊社では、より専門的な任意売却案件、裁判所への提出資料としての価格査定も行っております。まずは、お気軽に無料査定をご依頼下さい。


≪ 前へ|この不動産売れますか?~物件調査のポイント   記事一覧   不動産の売却相談のコツ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 失敗しない不動産購入相談
  • 売却相談
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • 公開物件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社昴不動産
    • 〒708-0053
    • 岡山県津山市細工町27
    • TEL/0868-25-0001
    • FAX/0868-25-0002
    • 岡山県知事 (8) 第3250号

  • 更新情報

    2020-12-26
    ★お正月休みのお知らせ
    12月29日(火)~1月6日(水)の間、お正月休みとさせていただきます。
    2020-07-29
    ★お盆休みのお知らせ
    8月9日(日)~8月16日(日)の間、お盆休みとさせていただきます。
    2020-07-01
    ~~会員登録キャンペーン~~

    売買物件をお探しの方で、弊社ホームページから会員登録していただいた方に図書カード500円をプレゼントします。

    ※一般のお客様に限定させていただきます。
    ※弊社からご連絡の確認ができたお客様に限らせていただきます。

    更新情報一覧

  • スマホサイト
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

来店予約